男性のための離婚相談〜広島の弁護士 勁草法律事務所〜

よくある相談

離婚とともに慰謝料の支払いを妻から求められました。慰謝料についてはどう対応すればいいのでしょうか?

離婚と慰謝料

 離婚の際に,慰謝料を妻側から支払ってほしいと言われた際に男性側は応じないといけないのでは,という疑問をお持ちの方がいるのかもしれません。この問いについて,結論から言えば,必ずしもそんなことはないということになります。

 

 慰謝料はそれだけの理由があって初めて生じるもので,離婚の原因をもっぱら作り精神的なダメージを与えたといえる場合,DVや不倫等によって精神的なダメージを与えたという場合に初めて生じるものです。

 そのため,こうした場合にあてはまると言えばければ慰謝料は発生するはずもないということになります。

慰謝料が発生するのはどんなケース?

 先ほどの話のうち,離婚に至らざるをえなくなったのが相手方が悪いのだというお気持ちは夫婦双方で出てきかねないものです。実際夫婦のどちらにそれだけ原因があるかはケースバイケースですが,よく言う性格の不一致や親族との折り合いが悪いといったケースでは,夫婦双方にそれなりの原因がある場合が多いように思われます。こうした場合に専ら離婚の原因を一方のみが作りだしたとは簡単には言えません。そのため,こうした場合に,離婚に寄って慰謝料が発生するとはいいがたいケースが多いように思われます。

 

 暴力や不倫が慰謝料の原因になるのは間違いありません。問題は,暴力(DV)の事実自体に争いがある場合です。ご自身には身に覚えがないにもかかわらず,暴力を振るわれたということで妻側から請求を受けることがあるかもしれません。こうした場合には,暴力があったといえるだけの証拠(写真や診断書がその候補として考えられます)があるのか・その証拠が実際に言い分を結びついているのか等を吟味して対応をしていく必要が出てくるでしょう。

 こうしたケースでは,早期の解決を適宜の内容でつけるという場合を除けば,事実関係が大きく問題となってきます。納得いかないというお気持ちが強ければ争っていくことになるでしょう。

 

 他方,モラルハラスメントについては,内容や証拠によりますが,証拠が少ない場合が多く,慰謝料が発生しないことや発生しても金額が少なくなる場合は出てきます。

どんな対応をすればいいのでしょうか?

 結論から言えば,事実関係を争っていくのか・早期解決を目指していくのかで変わってきます。一つの考え方として,仮にDVやモラルハラスメントにあ立つ暴力や暴言がないのにあったと言われているとお感じあれば,納得いかないのであれば事実関係を含めて徹底して争っていくことになります。

 別の考え方として,早期解決を目指す場合でも事実関係は争いながら,金額面を含めて解決を探っていくこともありえます。ご自身の立場と解決を目指しての行動を考えて行動をしていく必要があるでしょう。

 

 実際にどうしていくのがいいかは,ご自身のスタンスの整理や証拠・言い分を吟味したうえで決めた方がいいと思われます。そうした際には弁護士等専門家に相談をしたうえで対応を決めた方がいいでしょう。

離婚相談30分無料キャンペーン/男性限定
離婚相談30分無料キャンペーン/男性限定

早くから弁護士のサポートを得ることで,解決できることがたくさんあります。後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください