男性のための離婚相談〜広島の弁護士 勁草法律事務所〜

離婚問題のポイント

男性が押さえておきたい離婚問題のポイント

年金分割はどうするか

年金分割とは?

 年金分割というと、イメージとしては年金全体を半分に分けて清算するイメージが強いですが、実際は厚生年金の報酬比例部分に関して標準報酬を多い方から分けることで、分けた後の標準報酬額に応じた年金の受給が図れるようにした制度です。

 

 わかりにくい点がありますが、今、あるいは将来受け取る年金額を全体として分け与えるような制度ではありません。多くは、諸般の事情から就労期間が短いなどの事柄がある女性から男性側に請求されることが多い傾向にあります。

 年金分割の制度には以下の2種類があります。

合意分割

合意分割は平成20年4月1日より前の婚姻期間について、分ける側が厚生年金に加入していることが必要ですが、分けてもらう側は第3号被保険者でなくてもよく、妻自身が厚生年金に加入していても夫の標準報酬が多いと分割を請求できます。

3号分割

 3号分割は平成20年4月1日以降の婚姻期間中に、分ける側が厚生年金に加入をし、分けてもらう側が第3号被保険者という立場にいたときが対象になります。

 いずれの場合も夫側が自営業・厚生年金に加入していない会社に勤めている場合には、請求を受ける立場にはないことになります。

分割の割合は?

 按分割合と呼ばれる分ける割合は、平成20年4月1日以降の対象期間は当然に0.5、それ以前の期間は離婚時の夫婦の合意が必要ですが、原則として0.5となります。

早くから弁護士のサポートを得ることで,解決できることがたくさんあります。後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください