男性のための離婚相談〜広島の弁護士 勁草法律事務所〜

離婚問題のポイント

こんな時どうすれば?タイミングで見る離婚問題

妻から急に離婚を請求された

 妻側からある日突然離婚を切り出された・家に帰ってみると既に家を子供とともに出て行っていた等、突然離婚を前提とする行動を妻側からされたことで戸惑っていらっしゃる方もおられると思われます。こうした場合にどう対応したらいいのでしょうか?

妻側の態度や離婚を求めている理由を見極める

 妻側も何の理由もなく離婚を切り出すことは少ないと思われます。もちろん、その理由とするところが納得のいく話なのか・納得のいかない話なのかは別です。少なくとも、どんな理由で離婚をしたいのか・離婚への決意の程度はどの程度なのかを探っていかないと今後どうすればいいのかはわかりません。
 
 そのため、直接話ができるのか・既に代理人弁護士を通してになるかは別として、その理由や離婚への決意の程度を確認をしてみるのはどう行動するかの一つの手助けとなるでしょう。

修復の目途がどの程度あるのか・修復を図る際に注意する点を見極める

 一般には、代理人弁護士をつけてまで離婚の話を妻側がしてくる場合には、離婚への決意の程度は相当程度大きいと考えられます。そうはいっても、ご自身に修復がしたいという考えが強い場合には、無理に諦めればいいというわけではありません。一生の問題ですから、納得がいかないというのは避けた方がいいでしょう。

 ただし、現状どの程度の修復の見通しがあるのか・今後修復をするか・離婚をするのかの話をしていく際に負担として負っていくものは何かを把握していく必要があるでしょう。
修復の見通しはケースごとの事情によりますから、ここでは負担について触れておきます。

  妻側から離婚の申し出がなされる場合に修復を求めれば、話の折り合いはすぐには尽きませんから長期化します。その際に、妻側から生活費(婚姻費用)の支払いを求められることは多く、状況によっては生活費(婚姻費用)の支払いのための調停を申し立てられることもありうるでしょう。こうした生活費(婚姻費用)の支払いは最終的に復縁するか・離婚が成立するかまで続くことになりますので、お金の負担に関する準備は必要です。また、離婚が成立しないこと≠復縁ではありませんから、こうした点も踏まえて、今後の行動を決めていくことが必要になります。

弁護士からのコメント

西丸 洋平

弁護士 西丸洋平

妻側からの一方的な通知があった場合には,まずご自身の希望と見通し・言い分などの整理をしていくことが重要です。お気持ちとしては落ち着かない面があるのは当然ですが,そうしたときこそ,落ち着いて対応の方向性と見通しを考えていくことが重要と思われます。

早くから弁護士のサポートを得ることで,解決できることがたくさんあります。後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください