男性のための離婚相談〜広島の弁護士 勁草法律事務所〜

離婚問題のポイント

職業・属性別のよくある問題点をチェック

中高年の離婚

 中高年の離婚で問題となるのは,今後の生活に関わるお金の問題です。特に問題になるのは長い間築いてきたお金の清算(財産分与)・年金分割についてです。

財産分与についての問題

 夫婦で築いたお金の清算(財産分与)の対象となるのは,結婚後に築いた財産になります。親から贈与を受けて相続したお金を除いたものになります。

 結婚してから長い年月が経過していますので独身時代からの財産もあれば,一度再婚をしているために再婚時の財産がどの程度あったのかが問題になるケースもありえます。特に結婚後に妻側に浪費があったのではないかが問題になるケースでは,実際に浪費があったのかという点以外に財産が結婚後にどの程度増えたのか減ったのかも問題になります。

 財産分与で問題となるのは,家や退職金といった長い年月をかけて築いていった財産となります。
家については住宅ローンが残っているかどうかで影響を受ける点もありますが,退職金などで一括返済をしている場合には金額が大きい分どのように調整をするか(売ってお金を分けるのか・一方が家を取得してその分お金を渡すのか,そのお金はどうやって確保するのか)等が問題となり得るでしょう。

 退職金はもらった後は全額が財産分与の対象となりますが,退職していない場合には財産分与の対象となるのか・なる場合にはどの程度が対象になるのかがシビアに問題になりえます。
ちなみに,再婚をしていた場合には,結婚前に取得し結婚後にも住宅ローンを払っていた家などどこまでが財産分与の対象になるのかが問題になるケースがあります。

 また,妻が専業主婦の場合も原則として財産の清算は半分ずつであるという点には注意が必要です。専業主婦は会社勤めなどありませんが家事によってご自身が働きに出ることをサポートしたこと・役割分担の貢献の度合いは同じと考えられているのがその理由です。例外的に貢献が低いというには,特に家事をしていなかったなどの事情が必要となります。

年金分割の問題

 年金分割は制度の意味合いとして,厚生年金の報酬比例部分と呼ばれる個所を多い方から少ない方へ分け与えることで少ない方(多くは妻側)の老後の生活を保障するという制度になります。そのため,こうした年金分割の適用対象になるかどうか(妻側が結婚後の期間,夫側が厚生年金を受け取れる立場であることが前提になります)がまず問題になります。

 適用を受ける場合には,分ける割合ですが原則として半分を分けるという形になります。特に定年退職が近い世代にとっては,退職後の主な収入は年金収入になりますから,こうした厚生年金の報酬比例部分が妻側に分けられるということは大きな影響をもたらすでしょう。

早くから弁護士のサポートを得ることで,解決できることがたくさんあります。後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください