男性のための離婚相談〜広島の弁護士 勁草法律事務所〜

よくある相談

離婚調停で,妻側と条件面で対立していますが,どのポイントで解決したらいいでしょうか?

  非常に難しい問題です。離婚調停で話し合いがつかない場合には,離婚裁判に至りますが,そこでは言い分と証拠を出すことになります。その中では,ことの性質上,夫婦がお互いの悪い事柄や出来事を暴き出す場面も出てきますので,精神面を含め負担は出てきます。

 

 一方で,子供の親権や離婚をするかどうかで決定的な対立があるなど,簡単に決着をつけられない場合もあります。問題となる事柄と見通し等によってどうするのかという対応が変わってきます。

 財産分与や慰謝料に関する事柄はいわゆるお金の問題であり,財産分与はお互いの財産関係を示すことで解決が図れることもあります。慰謝料に関しては,お気持ちはともかくとして早めの解決によるメリットと実際離婚裁判でどうなるのかの見通しの中で解決金名目による解決も図れる場合があるでしょう。

 養育費なども算定表などの資料を基にある程度折り合いをつけられる可能性はあります。

 とはいえ,家の住宅ローンの問題などしっかりと話をつけておかないと安心できない問題もありますから,迷った場合には,ご自身の抱えるご事情を弁護士に相談して対応を考えていくのがいいと思われます。

離婚相談30分無料キャンペーン/男性限定
離婚相談30分無料キャンペーン/男性限定

早くから弁護士のサポートを得ることで,解決できることがたくさんあります。後悔しないためにも、1人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

このサイトは最新のブラウザでご覧ください